« Olympus PEN Lite「E-PL1」を購入してみた | トップページ | 噂) オリンパスがマイクロフォーサーズの新レンズを予定? »

Olympus PEN Lite 「E-PL1」を今買う理由を考える

R146こんな記事タイトルを付けていますが、もうすでに買っちゃっているので「おまえ今さら理由を考えてどうすんだよ」という感じではあります。

まあ、どうして買おうと思ったのか、という事を書いておけば、後の自分のクレバー判断がさらに精度を増すかもしれない。マウントアダプターで手持ちのレンズを異なるカメラで共有したい、という基本的な欲求をベースにしつつ、他に選択肢があった中で「E-PL1」を選ぶに至った理由を思いつくままに書いていきます。

まず俯瞰的に考えてみよう。「E-PL1」の主要ユーザー層について。PEN Liteシリーズの主要ターゲットは女性。うら若きカメラ女子から、それほどうら若くはないカメラ女子まで、世の中の半分を占める女性が使うことを多分に意識して作られているカメラです。本体色は、ミラーレス一眼では最多の5色をラインアップ。ルビーレッド/ブルーブラック/ホワイト/シャンパンゴールド/ブラックという並びを見ても、コンパクトカメラを卒業し、でも一眼レフは本気すぎる、という層を狙っているのがわかります。ちなみにいい年したおっさんであるワタクシは迷わず“ルビーレッド”をチョイス。ガムシャラさが取り得です。

カメラ女子が好むカメラにも手を出す、それがカメラ親父の生き様!

さて、シンプルなデザインとシンプルな配色。本格的な撮影はできるけど、それを感じさせないデザイン。そんなところが「E-PL1」や「E-PL1s」、「E-PL2」の特長として挙げられます。同じターゲット層を狙ったカメラとしては、パナソニック「GF1」、「GF2」や、ソニー「NEX-3」がありますね。共通しているのは、公式サイトに必ず女性が載っていること。絶対に。100%です(きゃめらとおれんじ調べ)。

女性がターゲットということは、当然、カメラの機能も女性が使いやすく、そして楽しめる機能が載ってきます。オリンパスで代表的なものが「アートフィルター」と「ライブガイド」。パナソニックは「タッチパネル」とコンパクトカメラにも載っている「おまかせiA」。ソニーは「背景ぼかしコントロール」と、あと携帯電話のような操作のソフトキーですかね。こうやって羅列すると、ソニーのNEX-3は他に比べて機能面での女性へのアピールは少ないですね。生産完了したNEX-3の後継機は、この辺りをてこ入れしてくるかもしれません。

逆に男性を意識したカメラというと、ガジェット好きに訴えるソニー「NEX-5」。スペックを追求したパナソニック「GH2」。古くからのPEN愛好家が狂気する「E-P1」、「E-P2」。あと、ミラーレス一眼ではないですが、重度のマニアが黙して購入するリコー「GXR」などが代表的です。なお、ミラーレス一眼の中ではパナソニック「G2」の名前が出てきませんでしたが、「G2」はミラーレス一眼の中でどうこうというよりも「EOS Kiss」に代表されるデジタル一眼レフに対抗した製品ですね。

まあつまるところ、カメラ女子が使ってるカメラを使いたくなっちゃった、みたいな。あれ? なんか今「やだこの人、気持ち悪い」みたいな声が聞こえたような気がしたな。空耳かな。

P0045

Olympus E-PL1、Distagon T* 35mm f1.4(Y/C Mount adapter)

得たいの知れない感じがたまらない!

どこまでも脱線していきそうなので話を戻しますが、それぞれに特長があるカメラ女子向けミラーレス機の中で自分が「E-PL1」を選んだのは、ミラーレス一眼の一大ブームにもなったカメラ内エフェクト処理機能「アートフィルター」に惹かれたから、というのがまずあります。自分は「NEX-5」も絶賛愛用中ですが、ソニーのクリエイティブスタイルは、悪く言うと旧態依然。良く言えばガチ。ひと言で言うと「そこ(アートフィルターのようなカメラ内エフェクト)には重点を置いていない」という姿勢です。ちょっと前まで自分も「そんな機能使うなんてどうかしてるゼ!」と思っていたので、まあそれはそれでよし。大好きな宮崎あおいちゃんが新製品発表会で「アートフィルターがすごく好き」なんて言っていても、フーンまあいいんじゃないソレも、みたいに強がってきたわけです。

そう、自分で書きながら気づきましたが、「アートフィルター」“だけ”であればそこまで惹かれません。しかし、そこにオールドレンズと組み合わせたらどうなんだろう、という興味がむくむくと。「むくむくと」って表現、何か卑猥な感じしませんか? PTAに見つかってこのブログがR指定に引っ掛かったりしたらどうしよう。なんでそんな話をしているんだ? そうか、「むくむくと」か。いや、今そこは引っ張るところじゃないな。購入前に魅力的に写ったのは「アートフィルター+オールドレンズ=得体の知れないもの」という部分です。得たいの知れないものを見てみたい、という原始的な欲望。まさかカメラ一台を買うことに人間の根源的な欲求が隠されていたとは。いやー、カメラって本当にいいものですね。

まだ理由を一つしか書いていませんが、長くなってきたので「続・Olympus PEN Lite 「E-PL1」を今買う理由を考える」に続きます。

(2011.04.20)

|

ミラーレス一眼の記事」カテゴリの記事

« Olympus PEN Lite「E-PL1」を購入してみた | トップページ | 噂) オリンパスがマイクロフォーサーズの新レンズを予定? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16240/51436176

この記事へのトラックバック一覧です: Olympus PEN Lite 「E-PL1」を今買う理由を考える:

« Olympus PEN Lite「E-PL1」を購入してみた | トップページ | 噂) オリンパスがマイクロフォーサーズの新レンズを予定? »