« 噂) ペンタックスのミラーレス一眼という興味深いうわさ話 | トップページ | LA-EA1とVario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZAの組み合わせ・追加画像(と雑談) »

LA-EA1とVario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZAの組み合わせ

これまでのディスタゴンの作例、電車や駅ばっかりじゃないか!(自我の芽生え)
ブログの名前にも「おれんじ」と入っているので、たまにはオレンジ絡みの写真も載せないと、と思って探してみたら、あったあった。ありました。かろうじてオレンジフレーバーの写真が。

511_2
SONY NEX-5、SONY Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA(LA-EA1 Mount adapter)

上の写真はディスタゴンではなく、ソニーAマウントの「Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA」をソニー純正マウントアダプター「LA-EA1」と組み合わせて撮ったものです。去年の7月ごろ。場所はもちろん、皆のアウトソーシングスタジアム日本平です。誰だ! 0対0のしょっぱい試合とか言ってるのは!

SONY Aマウント向けレンズ「Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA SAL1680Z」
SONY マウントアダプター「LA-EA1」

このバリオゾナーは、カール・ツァイスブランドのズームレンズとしては実売7万5000円前後とお安く、Aマウントのカメラに付けて使う分には軽くて(445gなので、NEX-5ボディの287gよりはもちろん重い)コストパフォーマンスが高い。写りも、少し暗いけど色ノリが良くて、とても良い買い物です。

じゃあNEX-5に付けたらどうなるかというと、まずAFは効かなくなります。EマウントボディにAマウントレンズが付けられるようになるソニー純正マウントアダプター「LA-EA1」を使うことになるわけですが、驚きの鈍足AFとして世界に衝撃を与えた「LA-EA1」経由のAFもこのレンズは対応していません。詳しくはこちら

そして微妙にマニュアルフォーカス操作がしにくい。これは個人差がありそうなのであくまで自分が使ったときの感想ですが、フォーカスリングが微妙に重く、感覚的にバシッと合わせられない。まあこのレンズ、AマウントでAFを使うことが前提ですからね。あと、もちろん手振れ補正機能はありません。

以上のことを頭の中でモヤモヤ~と考えていくと、「これ、NEXで使わなくてもいいんじゃね?」という結論になります。「素直にAマウントの“α”で使えばいいんじゃないの?」と。私はそう思いました。過去のMFレンズを使うのではなく、現行の最新レンズが持っているフル機能をわざわざ一部制限させてまでNEXで使いたくなるかというと、う~んなんとも微妙。このレンズの写りは好きですが、失う便利さは結構大きく、しかもAマウントのボディを手に入れれば、機能の制限がすべて解消されるわけなので。

だがしかし! そういったデメリットを踏まえた上で、あえてこのレンズをNEXで使う、というのは逆にカッコイイかもしれない。漢(おとこ)の道といえましょう。この話は次のLA-EA1とVario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZAの組み合わせ・追加画像(と雑談)」に続きます。

あ、あと全然関係ありませんが、昨日からソニーがEマウントの使用開示申請を開始しています。個人ユーザーには一切関係ない話だ。でも、レンズメーカーの方はぜひEマウントへご参入ください。

(2011.04.02)

|

ミラーレス一眼とマウントアダプター」カテゴリの記事

« 噂) ペンタックスのミラーレス一眼という興味深いうわさ話 | トップページ | LA-EA1とVario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZAの組み合わせ・追加画像(と雑談) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16240/51277570

この記事へのトラックバック一覧です: LA-EA1とVario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZAの組み合わせ:

« 噂) ペンタックスのミラーレス一眼という興味深いうわさ話 | トップページ | LA-EA1とVario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZAの組み合わせ・追加画像(と雑談) »