« マウントアダプター界にKIPONの模造品が登場! | トップページ | ミラーレス一眼カメラの価格動向<2011/4/28版> »

続々・Olympus PEN Lite 「E-PL1」を今買う理由を考える

前回の「続・Olympus PEN Lite 「E-PL1」を今買う理由を考える」で、「アートフィルター」超気合い入ってるし買うっきゃないっしょ、みたいな結論を書きました。しかし、「E-PL1」を購入する際、特に「アートフィルター」で遊ぼうと考えているのであれば必ず考慮に入れなければならないポイントがあります。「E-PL1」には載っておらず、「E-5」や「E-PL2」、コンパクトカメラ「XZ-1」には載っている「アートフィルター」。猛烈にカッコいい出来ばえ。それが「ドラマチックトーン」です。まずは↓を見てください。

■ Googleの「ドラマチックトーン」の画像検索結果

■ Flickrの「ドラマチックトーン」の画像検索結果

やべぇ超カッコいい。やべぇやべぇ。カメラ女子に気に入られようとあえて若者風の口調で書きました。必死ですね。無駄な努力とはこのこと。「ドラマチックトーン」については「E-PL2」の製品紹介サイトで以下のように説明されています。

ドラマチックな階調表現で、局所的なコントラスト変化から作り出される現実ではありえないような明暗によって実際の空間をフィクションのような作風に仕上げます。

この処理と同じ効果をPhotoshopなどで画像処理を行なうとなると、できなくはないですがかなり面倒。面倒な画像処理が大嫌いな自分はあまりやる気が起きません。ジャングルの「Photomatix Pro」というHDR(ハイダイナミックレンジ)画像作成ソフトを使用すると比較的容易に作り出すことが可能ですが「Photomatix Pro」は9800円~となかなかに良いお値段。

「ドラマチックトーン」がファームウェアのアップデートで「E-PL1」にも載るといいナー、なんて淡い期待を抱いていた時期もありましたが、そんな気配はまったくありません。付属ソフト[ib]のRAW現像にも「E-PL1」で撮った写真では「ドラマチックトーン」の項目は出てきません。オリンパスからすれば「新しいアートフィルター」=「新製品の売りのひとつ」と言ってもいいくらい「アートフィルター」は重要な位置づけですから、納得はできないものの理解はできます。このまま待っていても望み薄なような気がする、でも待っちゃう。なんだか薄幸の美少女になった気分。ちなみにこの一連の文章はいい歳したおっさんが書いています。

「E-PL1」と「E-PL2」の違いと2万円の価格差をどう捉えるか?

「E-PL1」を買った自分が後継モデルの「E-PL2」と比べて無念さを感じる部分があるとすれば、液晶モニターの解像度とこの「ドラマチックトーン」、もうひとつ付け加えるならブログに載せる際にピッタリな「アートフレーム効果」の有無です。別に「E-PL1」が“買い”じゃない、というわけではなく、購入した自分でも上々の買いものだったと思っていますが「ドラマチックトーン」だけは惜しい事をした。いっそのこと「ドラマチックトーン」用サブカメラとして「XZ-1」を買っちゃおうかと思いました。でもそんなお金あるわけない。ああ、自分がアラブの石油王の親戚だったら!

 

0118_2

Olympus E-PL1、Distagon T* 35mm f1.4(Y/C Mount adapter)

大事な事を書き忘れていました。「E-PL2」の「アートフィルター」には「ドラマチックトーン」が追加されましたが、代わりに「E-PL1」にあった「ジェントルセピア」がなくなりました。「ジェントルセピア」はシックなセピア調になる効果で、上の写真のような渋ーい写真が出来上がります。


<「E-PL1」の主な販売価格(4/27時点)>
「E-PL1」 レンズキット ブラック:40,349円(Amazon)
「E-PL1」 ダブルズームキット ゴールド SDカードセット:39,800円(デジカメオンライン)

<「E-PL2」の主な販売価格(4/27時点)>
「E-PL2」 レンズキット ゴールド:61,850円(Amazon)
「E-PL2」 レンズキット ゴールド:56,464円(A-PRICE)
「E-PL2」 レンズキット ゴールド:66,870円(ケーズデンキオンラインショップ)

<「XZ-1」の主な販売価格(4/27時点)>
「XZ-1」 ブラック:51,497円(Amazon)
「XZ-1」 ブラック:53,500円(Yahoo!ショッピング)


「E-PL1」と「E-PL2」の価格差は約2万円。こうやって並べてみると「E-PL2」でも良いように思えてきました。うーん、でもまだちょっと高いか。「E-PL1」はこれから大きく値を下げることはないでしょうが「E-PL2」はこれからまだ下がりそうです。「ドラマチックトーン」の表現に惹かれて「E-PL1」の購入にふんぎれない方は6月以降のボーナス商戦まで待ってみてもいいかもしれません。逆に「俺は『ジェントルセピア』でいい」という人、「そもそも『アートフィルター』を積極的に使うつもりがない」という人は、「E-PL1」は非常に良い買い物になるんじゃないでしょうか。

(2011.04.27)

|

ミラーレス一眼の記事」カテゴリの記事

« マウントアダプター界にKIPONの模造品が登場! | トップページ | ミラーレス一眼カメラの価格動向<2011/4/28版> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16240/51508784

この記事へのトラックバック一覧です: 続々・Olympus PEN Lite 「E-PL1」を今買う理由を考える:

« マウントアダプター界にKIPONの模造品が登場! | トップページ | ミラーレス一眼カメラの価格動向<2011/4/28版> »