« NEX-5にコンタックスのツァイスレンズを<レンズ選び編> | トップページ | NEX-5とDistagon 35mm F1.4 (7) »

NEX-5で「Planar T* 50mm F1.4」と「Distagon T* 35mm F2.8」をちょっとだけ比較

<レンズ選び編>を書いてすっかり脱力してしまったので、少し気分を変えて、ディスタゴン35mm以外のレンズの写真を探してみました。そうしたら「Planar 50mm T* F1.4」と、今はもう手放してしまった「Distagon 35mm T* F2.8」を同条件で撮った写真があったので載せておきます。

新しいレンズを手にしたとき、皆さんはどこで試し撮りします? そう、もちろん喫茶店ですよね(聞く耳を持っていない)。ということで、レンズを買って最高にうれしいひと時に試し撮りした写真、名づけて“アイスティーベンチマーク”です。

714
SONY NEX-5、Contax Distagon T* 35mm f2.8(Y/C Mount adapter)

716
SONY NEX-5、Contax Planer T* 50mm f1.4(Y/C Mount adapter)

比較画像として使えそうなものはこれしかなかったので、相当限られた条件下での比較しかしていないことを先にお断りしておくとして、上がディスタゴン35mmのF2.8、下がプラナー50mmのF1.4、どちらも絞り開放で撮っています。焦点距離の違いはありますが、プラナー50mmのボケ方が猛烈であることがわかります。NEX-5/NEX-3に装着したときの焦点距離は、ディスタゴン35mmが約52.5mm、プラナー50mが約75mm相当となります。

以下、雑感。
プラナー50mmはポートレートにも好適ですが、街中でのスナップでも、多少離れたところから一部を切り取る撮り方ができて、75mmという焦点距離が予想以上に便利に使える印象です。一方、ディスタゴン35mmF2.8は、線が太い描写というか、カッチリとした写りのように感じました。35mmや50mm、85mmといったF1.4軍団と比べるとボケ方は当然少ないですが、極端なボケ方をしないとも言え、絞るとツァイスらしいスーパーシャープな絵となります。

ディスタゴン35mmF2.8の印象としては全体的に不満が少ない反面、撮ったあと「うぉッ! 何だこの写真は!」とつぶやいてしまうことはそこまで多くないと思います。そんなことイチイチつぶやいてたら気持ち悪いですけどね。ブライアント、と言ってしまうと三振かホームランなので、全然正しい例えではないですが、ディスタゴン35mmF2.8はどちらかというとブライアントではなくってポンセのようなレンズなんじゃないかな。ブライアントポンセもわからない若者諸君はWikiで。いや待てよ。ポンセも結構なホームランバッターだったような気がする。むしろ高木豊かな。高木豊はいい選手だったなあ。ちなみに長男にはこないだサインをもらいました(完全な私事)。

720
SONY NEX-5、Contax Planar T* 50mm f1.4(Y/C Mount adapter)


1万円を切った2TBのHDDを物色中。

2TB HDD:I-O DATA USB 2.0 外付けハードディスクドライブ 2.0TB HDC-EU2.0K ¥ 8,980 (61%OFF)
2TB HDD:BUFFALO USB2.0 外付けハードディスクドライブ 2.0TB HD-CL2.0TU2/N ¥ 8,980 (66%OFF)
2TB HDD:BUFFALO USB3.0用 外付けハードディスクドライブ 2.0TB HD-LB2.0TU3 ¥ 12,980 (35%OFF)

(2011.04.05)

|

ミラーレス一眼の記事」カテゴリの記事

« NEX-5にコンタックスのツァイスレンズを<レンズ選び編> | トップページ | NEX-5とDistagon 35mm F1.4 (7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16240/51304697

この記事へのトラックバック一覧です: NEX-5で「Planar T* 50mm F1.4」と「Distagon T* 35mm F2.8」をちょっとだけ比較:

« NEX-5にコンタックスのツァイスレンズを<レンズ選び編> | トップページ | NEX-5とDistagon 35mm F1.4 (7) »