« ミラーレス一眼カメラの価格動向<2011/5/26版> | トップページ | DxOMarkがパナソニック「G3」の新型センサー性能を公開 »

ニコン社長がCIPAの会長に就任

デジカメWatchの昨日5/25のニュースによると、ニコンの木村眞琴社長がCIPA(一般社団法人カメラ機器工業会)の新会長に選ばれています。副会長はソニー執行役員の今村昌志氏。ちなみに前会長はオリンパスの菊川剛氏とパナソニックの吉田守氏でした。オリンパス=パナがニコン=ソニーに変わるという構図から、いろんなうがった妄想的見方もできます。木村社長は12年度までにミラーレス機を出すということを昨年からインタビューで話していますが、一体いつになったら出てくるんでしょう。もう、この焦らし上手。

(2011.05.26)

|

ミラーレス一眼の記事」カテゴリの記事

« ミラーレス一眼カメラの価格動向<2011/5/26版> | トップページ | DxOMarkがパナソニック「G3」の新型センサー性能を公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16240/51774197

この記事へのトラックバック一覧です: ニコン社長がCIPAの会長に就任:

« ミラーレス一眼カメラの価格動向<2011/5/26版> | トップページ | DxOMarkがパナソニック「G3」の新型センサー性能を公開 »