« ニコン社長がCIPAの会長に就任 | トップページ | NEX-5のイメージセンサーを清掃してもらった、無料で »

DxOMarkがパナソニック「G3」の新型センサー性能を公開

G3big

DxOMarkが、パナソニック「G3」(DMC-G3)に搭載された新イメージセンサー(撮像素子)の比較テストを公開しています。市場に出ていないのになんでもうテストしちゃってるのかわかりませんが、結果はなかなか興味深いものとなっています。「パナソニックの『G3』ってなんだっけ?」という方は↓を。

「祝! パナソニック「DMC-G3」海外発表!」
「パナソニック、EVF内蔵ミラーレス最軽量の『LUMIX DMC-G3』を海外発表」 -デジカメWatch


DxOMarkは、マイクロフォーサーズのイメージセンサーがAPS-Cサイズに比べて小さく、性能面ではそもそも不利であると前置きしつつ、それでも「G3」の新型センサーがAPS-Cサイズと比較しても好結果を出しているとしています。

参考として旧Gシリーズとの比較: Panasonic G1 vs Panasonic G2 vs Panasonic G3

G3comparison1

  • ・ The Lowlight ISO Score, which indicates the maximum ISO you can use while keeping a decent Image quality (See Low-Light ISO Score definition) is 1/3 Stop better.
  • ・1 Stop of difference is measured for every aspect (SNR18%, Dynamic Range, Color Sensitivity) at ISO 3200
  • ・The dynamic range could be its most impressive improvement: close to 2 Stops between the 2 generations of sensors at ISO 6400.

DxOMarkでは↑のほかにもパナソニック「GH」シリーズとの比較やソニー「NEX」シリーズとの比較も公開しています。結果を見る限り、センサー性能ではAPS-Cサイズの「NEX」シリーズのほうがまだ分がありそうですし、「GH」シリーズとの比較でも「GH1」「GH2」のセンサーのほうが良い結果を出しており、あれ? 最初の絶賛トーンは? という気がしなくもないですが、それでもこの価格帯のマイクロフォーサーズ機としては突出したセンサー性能と言えそうです。購入したくなる理由が一個増えました。興味が出てきたら下の飛び先からじっくりご覧ください。

The new Panasonic Lumix G3 tested and available for comparison on DxOMark

(2011.05.27)

|

ミラーレス一眼の記事」カテゴリの記事

« ニコン社長がCIPAの会長に就任 | トップページ | NEX-5のイメージセンサーを清掃してもらった、無料で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16240/51780527

この記事へのトラックバック一覧です: DxOMarkがパナソニック「G3」の新型センサー性能を公開:

« ニコン社長がCIPAの会長に就任 | トップページ | NEX-5のイメージセンサーを清掃してもらった、無料で »