« 噂) 6月にOlympus PEN新モデル登場か? | トップページ | NEX-5とYashica ML 21mm F3.5(1) ヤシカの超広角単焦点レンズ »

KIPONならぬNIPON製マウントアダプターを購入してみた

Kiponnipon

以前、マウントアダプター界にKIPONの模造品が登場!という記事を書いて以来、どうにも存在が気になっていたKIPON製マウントアダプターイミテーション「NIPON」を思わず購入してしまいました。墓穴を掘る、というのはこういうことを指すんでしょうか。上の写真を一応説明しておきますと、左側が日本で購入したKIPONのマウントアダプター。右側が海外から取り寄せたNIPON製マウントアダプターです。NIPON製は見てわかるとおり、どこからどう見てもKIPONのパクリKIPON製品にインスパイアされたパッケージとなっております。価格としては海外ではKIPONの半額から1/3程度で販売されており、「KIPON=しっかりした製品」、「NIPON=KIPONの廉価版」という受け止められ方をしているような印象を受けました。上の写真はパッケージの正面ですが、天面も底面もほぼ同じ。もはや高難度な間違い探しです。

Kiponnipon_2_2

箱を開けると、クッション代わりに中国の古新聞を丸めたものとともにマウントアダプターが入っています。今回はEマウント⇔ニコンFレンズのアダプターを購入してみました。

KIPON製品との違いとしては、製品名の記載。左の写真のように、なんとわざわざ刻まれています。KIPONは印刷なので、この部分だけはKIPON製品よりも手が込んでいます。

装着した感触としては、まあ特に可もなく不可もなく、といった印象。レンズをアダプターから外す方法が一瞬わからなくなり「このニッコールレンズはこのままずっとNIPONのアダプターが付いた状態なのか超かっこ悪い」と途方に暮れた瞬間もありましたが、いろいろいじっているうちに外れました。レバーを押すのではなく、レバーをスライドさせるという、より単純な機構でした。

Kiponnipon_3

そういう簡易化された機構を採用していたり、細かい部分の塗りが雑だったり(左写真参照)、まあ価格相応の製品かな、という感じです。レンズおよびボディとの接続については特に問題はなさそうです。

複雑な機構が必要なマウントアダプター(Gレンズ対応のFマウントアダプターやEFレンズ、コンタックスG向け等、絞りを調整する機構が必要なマウントアダプター)が必要な方にはまったくおすすめできませんが(そもそもそういった複雑な機構を搭載するマウントアダプターは超低価格品には存在しない)、2つ目、3つ目として、または違ったマウント用のアダプターを試してみたいという欲求に対しては十分に応えてくれそうな気がします。

(2011.05.22)

|

ミラーレス一眼とマウントアダプター」カテゴリの記事

« 噂) 6月にOlympus PEN新モデル登場か? | トップページ | NEX-5とYashica ML 21mm F3.5(1) ヤシカの超広角単焦点レンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16240/51736307

この記事へのトラックバック一覧です: KIPONならぬNIPON製マウントアダプターを購入してみた:

« 噂) 6月にOlympus PEN新モデル登場か? | トップページ | NEX-5とYashica ML 21mm F3.5(1) ヤシカの超広角単焦点レンズ »