« 噂) パナソニック「GF」は年内に2種類の後継機が予定されている? | トップページ | 噂) オリンパスも2種類のミラーレス一眼を6月に用意? »

NEX-5とYashica ML 21mm F3.5(2) ざっくりインプレッション

718

SONY NEX-5、Yashica ML 21mm f3.5(Y/C Mount adapter)

ヤシカ「ML 21mm F3.5」の続きです。「ML 21mm F3.5」はNEX-5/NEX-3に付けると31.5mm相当の広角域のレンズとなります。28mmと35mmのちょうど中間にあたるわけですが、どちらかというと28mmに近い撮り方になるかな~、という印象です。NEX-5の標準ズームレンズ「SEL1855」を最近全然使っておらず、もっぱら35mmや50mmのMFレンズを付けているので被写体を探す時も標準~中望遠で撮るつもりで距離を取ったりすることが多いのですが、このレンズはしっかりと広角域なので「そういえば広角レンズってこういう感じだった」と思い出し、急に被写体に近寄って行ったりします。気持ち悪いですね。

もともと21mmのレンズなので、絞り開放での周辺光量の落ち方は結構豪快なものがあります。といっても上のような画では全然わかりませんけど。あと、絞り開放では周辺で像が流れます。この辺りは21mmのレンズっていう感じがしますね。マイクロフォーサーズ機ではまだ試していませんが、イメージサークルがNEXより小さくなるマイクロフォーサーズでは、この辺りの問題も解消されそうな予感(そのかわり焦点距離が42mmになってしまうのが切ない)。なお、F5.6ではまだ周辺光量落ちや像の流れが若干感じられますが、F8まで絞るとほぼなくなります。

中央の解像力は強烈です。こりゃもう申し分ない。ツァイスレンズと比較しても(といっても同じ21mm同士で比較したわけではないのであくまで印象ですが)まったくひけをとりません。

上のたんぽぽの綿毛の写真は、確か絞り開放(F3.5)で撮ったような気がしますが、、、う~んむにゃむにゃもう食べられない。というのも、マウントアダプターをすでに活用しているマウントアダプタラーの方々はご承知かと思いますが、マウントアダプターを介してオールドレンズをミラーレス一眼に装着して撮ると、レンズの情報がカメラ側に伝わらない(接点もないしレンズが情報を持っていないこともある)ため、EXIF情報にはレンズの情報は何も残りません。どんな絞りで撮っても「f/1」と表記されますし、焦点距離もEXIFには「0mm」と記されます。なので、後から「あれ、この写真、どうやって撮ったっけ?」というどんくさい忘れっぽい自分にありがちな状況が訪れても、自分の記憶を辿るしかないのです。

なお、シャッタースピードや露出補正の有無など、カメラ側の設定値はEXIFにしっかり残っています。レンズに関する情報だけがない。なので、上の写真の絞り値を確認しようにもできないんですね~アッハッハ。もうここは笑っておこう。

(2011.05.24)

|

ミラーレス一眼とマウントアダプター」カテゴリの記事

Yashica ML 21mm F3.5」カテゴリの記事

« 噂) パナソニック「GF」は年内に2種類の後継機が予定されている? | トップページ | 噂) オリンパスも2種類のミラーレス一眼を6月に用意? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16240/51752525

この記事へのトラックバック一覧です: NEX-5とYashica ML 21mm F3.5(2) ざっくりインプレッション:

« 噂) パナソニック「GF」は年内に2種類の後継機が予定されている? | トップページ | 噂) オリンパスも2種類のミラーレス一眼を6月に用意? »