« マウントアダプターの基礎知識 その5 レンズの焦点距離について | トップページ | SLR Magic 35mm f/1.7(1) ある意味凄い性能のレンズ »

パナソニックが新型ミラーレス機「G3」、「GF3」を日本発表!

G3gf3_1

ミラーレス一眼カメラ界にまた2つのブラザーが登場しました。海外発表から1カ月、ようやく日本でも発表となったパナソニックの「DMC-G3」と、前モデル「GF2」から半年で新モデルが登場となった「DMC-GF3」です。

「G3」は日本でだけ発表されていなかったので、「やっとか」という思いのほうが強いですが、「GF3」の投入タイミングの早さは驚きですね。「GF2」が昨年12月3日に発売されてから半年で新モデルを投入というのは、「E-P1」発表の5ヶ月後に「E-P2」を発表したオリンパスが思い出されます。「GF2」の人気が芳しくなかったのか、松下が社運を賭けはじめたのかはわかりませんが、選択肢が増えることは良いことです。

発売は両モデルともに7月8日。ソニーの「NEX-C3」は6月24日なので、少し遅れて登場となりますが、予約はすでに開始されています(記事末尾参照)。お値段はそれぞれ以下のようになっています。価格はいつだって信頼と安心のヨドバシカメラプライス。

G3 ボディ 69,800円
G3 レンズキット(14-42mmが付属) 79,800円
G3 ダブルズームキット(14-42mmと45-200mmが付属) 109,800円
GF3 ボディ 54,800円
GF3 パンケーキレンズキット(14mmF2.5が付属) 74,800円
GF3 ダブルズームキット(14-42mmと45-200mmが付属) 84,800円

スペックなど詳しいことはパナソニック公式サイトやニュースサイトに載っていますのでそちらを参照頂くとして(いきなり投げ出した)、気になったポイントだけを書いていきます。

<DMC-GF3>
フラッシュ内蔵で世界最小・最軽量(フラッシュ内蔵レンズ交換式デジタルカメラのボディという注釈付き)
■ 「タッチパネル」&「新コントロールダイヤル操作」
■ 約0.1秒AF

<DMC-G3>
■ 新開発有効約1600万画素Live MOSセンサーを搭載
■ 世界最小・最軽量(ファインダー搭載レンズ交換式デジタルカメラのボディという注釈付き)
■ 約0.1秒AFと高精度ピンポイントAF&動画撮影中も自動でピント合わせ
■ 高感度精度向上
■ バリアングル液晶
■ ショートカット機能「タッチQ. MENU(クイックメニュー)」搭載

さらに小型化した「GF3」。タッチパネル路線は継続

綾瀬はるかのCMでも、とにかくタッチパネルを前面に押し出していた前モデル「GF2」。今回もその路線は継続です。また、タッチパネルに加えてコントロールダイヤルを新たに採用。この辺りも消費者からのフィードバックを受けての改良でしょうか。

本製品は、本格的な一眼クオリティ写真を直感操作でカンタン・自在に操ることを目指し、GF2で好評いただいた3.0型46万ドット高精細タッチパネル液 晶モニターを引き続き採用。同じく好評の「タッチでフォーカス」機能、「タッチでシャッター」機能も搭載し、直感的なタッチ操作だけで表現力豊かな一眼画 質をカンタンに手に入れることができます。

~中略~

また、GF3では、タッチパネルに加えて、新たにコントロールダイヤルを搭載。タッチパネルと合わせてお使いいただくことで、より便利に、より直感的に操 作することが可能となり、初めて一眼を使用される方でも、コンパクトカメラ同様にカンタンに撮影機能を扱うことができます。

「GF3」についてはこの辺で(早っ)。あ、ひとつあった。「GF2」はかわいらしいデザインだな、とおっさんである私も思いましたが、「GF3」のこのデザインは女子にウケるんでしょうか。なんか少し微妙に感じたのは自分だけでしょうか。

Jn11061331

2つの顔を持つパナソニック「G3」が「EOS Kiss X4」を狙い撃つ

G3gf3_2

さて、そんなかわいらしいような気がしなくもないデザインの「GF3」に対して、見た目はいたってフツーな「G3」です。パナソニックの公式サイトでは(右画像参照)右側の「G3」は赤く「G」としか書かれていません。“3”を書き忘れた? いや、そんなことをしたらウェブ制作会社が抹殺されてしまうはずなので(個人の妄想です)、この表記には別の意味があるはず、と思って公式サイトを眺めていたら、GはGenerationのGにかけているようです。きっと、これまで存在感が薄かった「G」シリーズに対するテコ入れなのでしょう。

G3gf3_3この新型「G3」は完全にママをターゲットしており、たとえばパナソニックUKの「G3」紹介ページ では、前も紹介したように熱い男が熱く語る動画が目を引きますが、これに対してジャパンマツシタの「G3」公式ページ完全に「ママ目線」。呆れるほどかわいらしい子どもの写真が呆れるほど掲載されています。

つまり、日本においては「G3」は対キヤノン「EOS Kiss X」専用戦闘機、という位置づけとなります。ミラーレス一眼カメラは、小型・軽量な点であったりミラーレス機構を活かした動画撮影機能を売りにして「(デジタル一眼レフに対して)もうひとつの一眼カメラ」という印象がありますが、「G3」はデジタル一眼レフの巨人である「EOS Kiss X」シリーズに真っ向から喧嘩を売ることによって「もうひとつの一眼カメラ」から「一眼カメラのファーストチョイス」を狙っているともいえます。そういう点でも「G3」は異端といえます。そしてその姿勢は男前だといえましょう。

日本の公式サイトを見ているかぎりは、ママ、子ども、家族というパナホーム的なキーワードばかりが目につきますが、先ほどのパナソニックUKを見れば、イメージセンサーやAFなど、カメラ性能にかなり力を入れたモデルであることがわかります。「優しい足長おじさんの顔をしたガジェット大好き野郎」という二面性が「G3」の最大の魅力です。

「DMC-G3 [エスプリブラック]」ボディ : 63,100円(デジカメオンライン)
「DMC-G3 [エスプリブラック]」レンズキット : 72,100円(デジカメオンライン)
「DMC-G3 [エスプリブラック]」ダブルズームキット : 99,100円(デジカメオンライン)

「DMC-GF3 [エスプリブラック]」ボディ : 49,600円(デジカメオンライン)
「DMC-GF3 [エスプリブラック]」レンズキット : 67,600円(デジカメオンライン)
「DMC-GF3 [エスプリブラック]」ダブルレンズキット : 76,600円(デジカメオンライン)

(2011.06.13)

|

ミラーレス一眼の記事」カテゴリの記事

« マウントアダプターの基礎知識 その5 レンズの焦点距離について | トップページ | SLR Magic 35mm f/1.7(1) ある意味凄い性能のレンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16240/51934316

この記事へのトラックバック一覧です: パナソニックが新型ミラーレス機「G3」、「GF3」を日本発表!:

« マウントアダプターの基礎知識 その5 レンズの焦点距離について | トップページ | SLR Magic 35mm f/1.7(1) ある意味凄い性能のレンズ »