« パナソニックが新型ミラーレス機「G3」、「GF3」を日本発表! | トップページ | ライカブランドで登場「LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.」 »

SLR Magic 35mm f/1.7(1) ある意味凄い性能のレンズ

112

今回はオールドレンズではなく、れっきとしたEマウント向け単焦点MFレンズです。いや「れっきとした」は言い過ぎた。最近、ミラーレス一眼カメラ向けレンズの発表で世間(のごく一部)を騒がせているSLR Magicがうっかり世に問うたレンズ。それがSLR Magic 35mm f/1.7です。

絞りリングを絞っていくと、絞り切ってしまって完全に閉じてしまったり、どう見てもCマウントアダプターにその辺にあったレンズをくっつけただけの外観であったりと、ネタに事欠かないレンズです。

こちらは35mm F1.7という魅力的なスペックにひかれてフラフラ~っとeBayで購入したもの。には聞いていたものの、なかなかの曲者です。幸い、造りはしっかりした個体で、何かがグラグラしたり、ということはありません。Cマウントレンズが手元にひとつあるので、できればCマウントアダプターとして使用できればよかったんですが、ちゃんとレンズとアダプター部が固定されていて、それはかないませんでした。

最初に断っておくと、自分はこのレンズをかなり気に入っています。「あれ? この人このレンズの事ディスってるんじゃないの?」と思える記述がこれからたくさん出てきますが、それは愛情の裏返しです。

426

SONY NEX-5、SLR Magic 35mm f/1.7(Y/C Mount adapter)

上の画像は中心から離れるにつれてピントがずれていっています。一瞬、画像補正か? と思わせるものの、違います。実力です。中心部分とレンズの端でピントの合う位置が違うという、長野あたりのレンズ研磨職人が聞いたら怒り出しそうな性能を誇ります。

中心に合わせると周辺が外れ、周辺に合わせればそれ以外が外れるピントは、“合わせた場所は”意外なほどシャープ。絞り開放からうんぬん、と言うのもなんだか筋違いなくらい他に突っ込みどころが多いレンズですが、ピントがどこにも合わないとか絞っても効果がないとか、そういった致命的な部分(欠陥ともいう)はありません。ちなみに絞りリングはスムーズに回ります。絞り値ごとに小気味よいクリック感とともに止まったりといった親切心とは無縁ですので、スルスルーっと回っていきます。そもそも絞りリングと絞り値の表示が一緒に回転し、基準点が書いてあるわけでもないので、絞りがどうこう言うのも野暮というものでしょう。「絞りというものは、開いているか、ちょっと閉まっているか、全部閉まっているかのどれかだ」という名言が思わず口をつきました。

絞りを開ききった時は、周辺光量の落ち方もなかなかのもの。ビネッティングとソフトフォーカスとジオラマ風効果が一度に得られてしまうなんてお得ですね! 文句をたらたらと言いながらも、これで撮るとなんだか面白いかも、と思わせるパワーがあります。E-PL1で「アートフィルター」を使って撮っているときと似た感覚。ただし、人によっては「ふざけんな」で終わってしまう可能性があるレンズなので、オススメはできません。

(2011.06.13)

|

写真」カテゴリの記事

SLR Magic 35mm f/1.7」カテゴリの記事

« パナソニックが新型ミラーレス機「G3」、「GF3」を日本発表! | トップページ | ライカブランドで登場「LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.」 »

コメント

素晴らしい人柱レポート参考になりましたm(_ _ )m

投稿: ryusei | 2011.06.14 16:03

>ryuseiさん
最近では人柱を立てすぎて家の廊下をふさいでしまいそうな勢いです

投稿: segi | 2011.06.21 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16240/51937820

この記事へのトラックバック一覧です: SLR Magic 35mm f/1.7(1) ある意味凄い性能のレンズ:

« パナソニックが新型ミラーレス機「G3」、「GF3」を日本発表! | トップページ | ライカブランドで登場「LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.」 »