« ミラーレス一眼カメラの価格動向<2011/9/23版> | トップページ | オリンパス「E-PM1」の発売日がようやく確定! »

「OLYMPUS Viewer 2」で全アートフィルターを適用してみた

Artfilter

8月23日に「OLYMPUS Viewer 2」がアップデートされ( Version 1.21)、これまで開発されたすべてのアートフィルターが「OLYMPUS Viewer 2」のRAW現像ウインドウで効果を追加することができるようになりました。こちらがRAW現像アートフィルター / エフェクト対応表です。

オリンパスのアートフィルターはRAWファイルにも適用できるのが良いところですが、旧機種、たとえばE-PL1では“ドラマチックトーン”が載っておらず、逆にE-PL3には“ジェントルセピア”が載っていない、ということがありました。ユーザーからの熱い要望を受けてようやくオリンパスが重い腰を上げた、ということになります。ちと遅い対応でしたが、対応が施されたことは素晴らしいことですね。やればできる子だなオリンパスは!(なぜか上から目線)。というわけで、どういうわけかアップデートから一ヶ月以上経ったこの時期に、その効果のほどを羅列してみました。


P9251164_2

左がアートフィルターの効果を付ける前の元画像です。カメラはE-PL3、レンズはLマウントアダプター+MマウントアダプターでSuper Wide Heliar 15mm F4.5 Aspherical を装着して撮影したものです。このSuper Wide Heliar 15mmはGホロゴン16mmが高くて買えないので代わりに購入したレンズですが、NEXに付ければ22.5mm相当の歪みゼロ(しかしパースはすごい)超広角レンズになり、マイクロフォーサーズに付けるとパースは控えめになって被写界深度の深い30mm相当になる、なかなか使い手のあるレンズです。

正直、マイクロフォーサーズに装着して15mmが30mmになっても全然おもしろくない、と思っていましたが、たとえば至近距離から人の集まりを撮るとき、被写界深度がかなり深い(ピントが合う奥行きが広い)ので全員にピントが合う、というコンパクトデジカメ的な使い方ができます。しかも異常にコントラストが高く、超広角らしいパースもほんのり残るという、やたらと個性的な写りになるので気に入ってしまいました。それはいいとして、下が「OLYMPUS Viewer 2」で現像したアートフィルター10種です。

ファンタジックフォーカス ポップアート デイドリーム

P9251164_fantasic_s

P9251164_pop_s

P9251164_daydream_s

ライトトーン トイフォト ラフモノクローム

P9251164_lighttone_s

P9251164_toyphoto_s

P9251164_roughbw_s

ジオラマ クロスプロセス ジェントルセピア

P9251164_diorama_s

P9251164_crossprocess_s

P9251164_gentlesepia_s

ドラマチックトーン

P9251164_dramatictone_s

こうやって並べてみると、いかに“ドラマチックトーン”が特殊かつ独特なピクチャーエフェクトであるかがわかります。休日のお昼が悪魔降臨の図みたいになってますしね。

(2011.09.27)

|

ミラーレス一眼の記事」カテゴリの記事

ミラーレス一眼とマウントアダプター」カテゴリの記事

« ミラーレス一眼カメラの価格動向<2011/9/23版> | トップページ | オリンパス「E-PM1」の発売日がようやく確定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16240/52841219

この記事へのトラックバック一覧です: 「OLYMPUS Viewer 2」で全アートフィルターを適用してみた:

« ミラーレス一眼カメラの価格動向<2011/9/23版> | トップページ | オリンパス「E-PM1」の発売日がようやく確定! »