« マウントアダプター「LA-EA2」を購入したという話 その1 | トップページ | マウントアダプター「LA-EA2」を購入したという話 その2 »

ミラーレスカメラへのタイの洪水の影響は?

Madeinthailand

タイの凄まじい洪水のニュースが連日伝えられていますが、ニコンは一眼レフおよび交換レンズの生産拠点ということで、つい先日まで「好調」と伝えられていた業績に影響が出ると伝えられています。ちなみに上の飛び先では「Nikon 1」の引き合いが非常に良いという話も掲載されていますが、デジカメWatchの記事によれば「Nikon 1」は中国が生産拠点ということで、10月20日の発売への影響はなさそうです。

そしてさらに気になるのは11月11日発売予定のソニー「NEX-7」の生産は大丈夫なのか? という点ですが、こちらの記事にもあるようにソニーはアユタヤのハイテク工業団地内にNEXシリーズの生産拠点を構えており、新レンズも含めて生産への影響は必至です。また、「バンガディ工業団地 ソニー」で検索するとトップに出てくる日経の記事によると、ソニータイランドの半導体工場は浸水の被害はないものの、工業団地側から操業を停止するよう要請を受け、10月14日から生産を停止しているとのこと。いずれにしても人的被害が無いことを祈りつつ、状況が改善するのを待つしかなさそうです。そしてその間は「Sonnar 24mm F1.8」の実写レポートを眺めたりします。

(2011.10.18)

|

ミラーレス一眼の記事」カテゴリの記事

« マウントアダプター「LA-EA2」を購入したという話 その1 | トップページ | マウントアダプター「LA-EA2」を購入したという話 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16240/53019346

この記事へのトラックバック一覧です: ミラーレスカメラへのタイの洪水の影響は?:

« マウントアダプター「LA-EA2」を購入したという話 その1 | トップページ | マウントアダプター「LA-EA2」を購入したという話 その2 »