« E 18-55mm F3.5-5.6(2) 新機能「ソフトハイキー」が素敵 | トップページ | Sonnar 24mm F1.8がソニーストアで予約開始したという話 »

Biogon T* 21mm F2.8(1) 広角レンズでたまに起こる問題

Biogon21mm

最近はLA-EA2とNEX-5Nの組み合わせが多かったので、NEX-5をひさしぶりに持ち出してみました。NEX-5はほとんどMFレンズ専用と化しており、付けるレンズも大体決まっていますが、定番のひとつ、コンタックスGレンズの「Biogon 21mm F2.8」をMetabonesマウントアダプターに装着して持ち出しました。

Biogon 21mm F2.8は、周辺光量がストーンと落ち、しかも絞っても完全には解消されないということで、好みが分かれるところだと思いますが、オールドレンズを集めているとだんだん、広角レンズなら周辺は落ちて当たり前、という考え方になっていきます。近頃はレンズの進歩と補正によって、周辺までくっきりバッチリ写るのが当たり前ですが、ちょっとひと息入れて、そんなに目くじら立てて周辺の画質を見なくてもいいんじゃないかな、と思ったりするのはもう良い年したおっさんだからでしょうか。

Dsc04110

NEX-5、Biogon T* 21mm F2.8 (CONTAX G mount adapter)

周辺の光量にはかなり甘い自分ですが、マウントアダプターを使っていてたまに出くわすのが奇妙な色かぶり。↑の写真では、見事に写真上部に黄色い部分が発生。あまりに見事だったので載せることにしました。青空が黄色くなっちゃうのはさすがにどうかなーという気になります。この写真はものすごく目立っているので一目瞭然ですが、同じ状況で同じように撮っていても、このような現象が起こらないこともあります。その辺りが困ってしまうところですね。そういえばNEX-5NではBiogon 21mmでほとんど撮っていないので、もし似たような写真が撮れたらまた上げることにします。

(2011.11.25)

|

ミラーレス一眼とマウントアダプター」カテゴリの記事

Biogon T* 21mm F2.8」カテゴリの記事

« E 18-55mm F3.5-5.6(2) 新機能「ソフトハイキー」が素敵 | トップページ | Sonnar 24mm F1.8がソニーストアで予約開始したという話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16240/53317089

この記事へのトラックバック一覧です: Biogon T* 21mm F2.8(1) 広角レンズでたまに起こる問題:

« E 18-55mm F3.5-5.6(2) 新機能「ソフトハイキー」が素敵 | トップページ | Sonnar 24mm F1.8がソニーストアで予約開始したという話 »