« パナソニック「DMC-GX1」が海外発表! 日本ではまだ! | トップページ | E 18-55mm F3.5-5.6(1) やたらと真面目なソニー »

パナソニック「DMC-GX1」が海外から一日遅れで日本発表!

Gx1_1

昨日海外で発表されて日本での公開はいつかなーと思っていたら今日発表されましたね! めでたいことです。

製品の概要については昨日書いてしまったので今日書くことはほとんどないのですが、日本語のプレスリリースと製品情報ページから↓の内容をピックアップ。「GX1」のLiveMOSセンサーと画像処理エンジンの仕様については、大部分が「DMC-G3」と同等ですが、最高感度が「GX1」ではISO12800まで拡張されています(「G3」はISO6400まで)。

■ 高感度「ISO12800対応」
本製品では画像処理の回路・配線の最適化を追求し、「Live MOS センサー」「ヴィーナスエンジン」の持つノイズリダクション性能を一段と向上させることで、ISO感度12800での撮影を可能としました。「Live MOS センサー」が有する、基板表面に発生するノイズ影響を受けにくい構造(フォトダイオードをシリコン深部に埋め込む構造)により、ノイズ量を従来比(GF2 比)約1/3以下まで向上させると共に、ヴィーナスエンジンによる高感度処理プロセスの最適化により、夜景写真など暗い場所での撮影でも、「エッジ部の解像優先処理」「平坦部のNR強処理」の両立を実現し、より見たままに近い写真を撮影することができます。

なお、↑の文中の「ノイズ量を従来比(GF2比)約1/3以下~」という部分は「G3」の製品情報ページにも同じ事が書かれています(ただし(GF2比)とは書かれていない)。ただ単に「従来比」って書くと「G3」も従来機種に含まれてくるけど「G3」と比較するとほとんど同じになっちゃうから注として(GF2比)という一言が追加された、ということでしょう。まあISO12800なんて自分の場合、1年に1回使うか使わないか、というくらいの非常用設定なので「フーン」くらいの印象しかないのはヒミツ。ただ、ISO12800まで拡張したことで、1年に20回くらいは使うような気がするISO6400の画質が向上しているというのであれば、それは素晴らしいことです。実写評価が気になりますね。

日本での発売日は11月25日(金)。安心のヨドバシカメラ価格によれば、ボディー単体が6万9800円。X電動ズームレンズのセットが9万4800円。標準ズームと14mmパンケーキとのダブルレンズキットも9万4800円となっています。

(2011.11.08)

|

ミラーレス一眼の記事」カテゴリの記事

« パナソニック「DMC-GX1」が海外発表! 日本ではまだ! | トップページ | E 18-55mm F3.5-5.6(1) やたらと真面目なソニー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16240/53197208

この記事へのトラックバック一覧です: パナソニック「DMC-GX1」が海外から一日遅れで日本発表!:

« パナソニック「DMC-GX1」が海外発表! 日本ではまだ! | トップページ | E 18-55mm F3.5-5.6(1) やたらと真面目なソニー »