« E 16mm F2.8(1) NEX-5Nのレンズ補正機能を試してみた | トップページ | ミラーレス一眼カメラの価格動向<2011/11/6版> »

LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.(3) これで動画に強ければなあ

Epl3_2

E-PL3LUMIX G 20mm F1.7のセットは、それはもう小型軽量なので、限りなく荷物を減らしたい、服すらも着ていきたくない、そんな外出時にもってこいの組み合わせです。しかしそこまでやると「すっぽんぽんの上にカメラ一丁」という奇抜なスタイルになるため、熟慮が必要でしょう。

さて、開放で撮りたいときは絞り優先AEで常にF1.7に設定しておき、絞りは適当というときはモードダイヤルでプログラムオートにする、という2段階絞り操作で使っています。開放かそれ以外か、そんな適当なスタイルもこのセットにはしっくりときます。こういうときにモードダイヤルがちゃんとある、というのは大きく、小型ミラーレス機やNEX-5/3系にはモードダイヤルがありませんが、物理的なダイヤルのあり/なしはやっぱり全然違うなあとしみじみ思います。NEX-7の期待値の高さは、物理的な操作手段がちゃんと備わっているところにも起因していると思います。ああ、今回はマイクロフォーサーズの話ですね。


P9160406

E-PL3、LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

お散歩時には最強のスナップシューター(GR DIGITAL IVの宣伝文句の受け売り)である「E-PL3(E-PM1でも可)+LUMIX G 20mm」ですが、しかし、万能というわけではありません。静止画に関していえば、もうちょっとAFが早いとイイナーとか、絞りがカチカチうるさいナーと かいろいろありますが、写りが素晴らしいので大抵のことは些細なことに思えてきます。

しかし、動画となるとちょっと難があります。デジカメWatchのパナソニック開発者インタビューにもありますが、このG 20mm f/1.7は動画で使うと絞りのカチカチとした音が入ります。加えて、謎の「ブオーン」という音も豪快に動画ファイルに含まれてきます(恐らくフォーカス駆動音と思 われる)。パソコンで再生してみると、これがまあ結構気になる。大事な場面だったりするとわりと台無しです。ここさえクリアーされれば、本当に付けっ放しレンズになるんですが。これだけの人気レンズですから、そういった機構的な部分をリニューアルした次バージョンが出てきそうなものですが、Xレンズとして出てこないですかね。

(2011.11.03)

|

LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」カテゴリの記事

« E 16mm F2.8(1) NEX-5Nのレンズ補正機能を試してみた | トップページ | ミラーレス一眼カメラの価格動向<2011/11/6版> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16240/53140830

この記事へのトラックバック一覧です: LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.(3) これで動画に強ければなあ :

« E 16mm F2.8(1) NEX-5Nのレンズ補正機能を試してみた | トップページ | ミラーレス一眼カメラの価格動向<2011/11/6版> »