« Eマウントレンズ新ロードマップなど、各社怒涛の発表ラッシュ | トップページ | X-Pro1の困っちゃうところ。そしてそれを克服するまでの感動秘話 »

X-Pro1はやっぱりアレに似ていた。ものすごく

Hikaku1_2

タイトルで「アレに似てる」などとボカして言っているわりに、↑の写真ですでに答えが出ていたりしますが、そう。今年1月にX-Pro1を初めて見たときから、似ているなあと思っていた「CONTAX G1(人によってはG2)」と並べて見比べてみました。

フードはどちらも非純正。CONTAX G1にいたってはフードが凹んでいますが、Biogon 28mm F2.8がそれだけハードワークしているという証、ということにしておこうっと。

<正面>

Yoko2s

<上面>

Hikaku2_2

横幅、高さがほんのちょっとだけ「X-Pro1」のほうが大きいですが、スタイリングは本当に似ています。もはや兄弟機といっても良いくらい。これは富士フイルム流のCONTAX Gシリーズへのオマージュなのでしょう。ただ、その一方で、本体下部のあしらいや本体右上の鋭角な切り込みなど「もうちょっと似てると思ったけど、並べてみたら意外と違ってた」という部分もあって、そういった部分に両者の個性が出ているような気もします。

「X-Pro1」ですが、土曜に届けてね、と販売店に伝えたら、まんまと日曜日に届いたため、家族写真などを楽しんだだけでいろんな部分をねちっこく触るところまで至っていません。「X-Pro1」の使用感などについてはまたいずれ。

X-Pro1 ボディ : ¥ 134,998  (Amazon.co.jp)

 

(2012.02.20)

|

ミラーレス一眼の記事」カテゴリの記事

X-Pro1」カテゴリの記事

« Eマウントレンズ新ロードマップなど、各社怒涛の発表ラッシュ | トップページ | X-Pro1の困っちゃうところ。そしてそれを克服するまでの感動秘話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16240/54029607

この記事へのトラックバック一覧です: X-Pro1はやっぱりアレに似ていた。ものすごく:

« Eマウントレンズ新ロードマップなど、各社怒涛の発表ラッシュ | トップページ | X-Pro1の困っちゃうところ。そしてそれを克服するまでの感動秘話 »