« LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4(2) 使えば使うほど素敵 | トップページ | OM-D E-M5の話から日本製品のブランディングの話に飛ぶ »

LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4(3) あっさりとこってり⇒こってり

Gx1_25mm

天下一品の店員さんが注文を取るときのようなタイトルにしました。

タイトルとはまったく関係ありませんが、各所で売り切れ続出のタムロンのEマウントレンズ、「B011」こと「18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC Model B011」を、これからのお外で遊ぶのが楽しい季節に向けて予約していたところ、お店から「生産工程にトラブルが発生したため納期がさらに遅れる」という悲しいお知らせが。

ハナから一ヶ月待ちの状況だったものが、さらに一ヶ月以上伸びそう、という話だったので、在庫が突然復活した俺たちのヨドバシことヨドバシカメラで注文。即発送。ちなみにこの記事を書いている今現在もヨドバシドットコムで在庫僅少ながら在庫あり。この一連の流れからわかる事は以下の2点です。

1) ヨドバシの調達力は半端ない

2) タムロン大丈夫か

さて、話はまた飛びますが、「LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4」についてもすでに3回目。気に入っているレンズほど記事の本数が増えていくという、非常にわかりやすいのが当ブログの特長です。強烈な個性があるため、カメラを持ち出すときに、「今日はどんな写真を叩き出すかな」と思わず期待してしまうニクイ奴です。

Hikaku_1

Hikaku_2

季節も違えば、光の状態も異なり、焦点距離も違うため、まったくの追い風参考として見てもらいたいところですが、上の2枚は大体同じ時間帯に撮った2枚です。片方は「NEX-5N」+「E 50mm F1.8 OSS」で撮影したもの。もう片方が「DMC-GX1」+「LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4」で撮影したものです。左が3月下旬、右が4月下旬撮影。

記事のタイトルからしてすでに答えは出ているようなものですが、そう、右が「LEICA DG 25mm/F1.4」でした。GX1のフォトスタイル設定はデフォルトの“スタンダード”、とはいえこの設定は「色乗り1.2倍増し」みたいなところがあるので、現場で見た印象に近いのは左の「E 50mm F1.8」のほう。しかし、右の写真のコントラストの付き方はタダ事じゃありません。両者ともに鬼のようなシャープネスを誇りますが、「LEICA DG 25mm/F1.4」はそれにコントラストの高さが加わるため、猛烈な立体感が得られます。ちなみにEマウントの24mmゾナーも、大体の方向性は右の写真と同じです。

というように、明確に性格付けがなされているのが「LEICA DG 25mm/F1.4」です。上でも書きましたし前回も「撮ってみないとわからない」みたいなことを書きましたが、撮る前からレンズが繰り出してくる写りに期待してしまう、そんな個性を持ったレンズです。ああ楽しい。

しかしこのレンズに限らず、写りが個性的なレンズに対しては風当たりが強い向きもあり、厳格なカメラマンがレビューをしたりすると「撮影者の写真の腕を覆い隠すような強い個性。レンズの個性に頼ってしまいがちになる」なんて文章を書くかもしれません。

しかし、や~だそれはもう好みの問題じゃないのアハハ、なんて思うわけです。レンズにかけられるコスト(お小遣い)などたかが知れている小市民からしたら、「どんなレンズを買おうかな~」とニヤニヤしている時点で撮影は始まっているようなもの。その結果得られた写真は、その人の「写真の腕」だけではなく「(他の購入しなければならない物を諦めて、もしくは知らないフリをしてでもレンズを購入した)勇気」、「(さまざまなステークホルダー(おもに嫁)を納得させるだけの)交渉力」、そして「(想定以上にお高いレンズを買ったあとでも平然として家族の前で使用していられるだけの)面の皮の厚さ」などなど、その人の生きざまが投影されているわけですね。

こうやって考えておけば、奥さんに内緒で高いレンズを買っちゃったという猫も食わないような話も、イチローがヒットを300本くらい打ったかのような偉大な話に思えてきますね!

つまり、どんなレンズを使おうと、撮った写真はその人を映し出しているわけで、写りがドギツイだ、周辺が暗いだ、下手くそが使うレンズだ、などと言われたとしても、いや誰もそんなことは言っていないわけですが、仮に言われたとしても、自分が好きなレンズで撮ってその写真が気に入ったのなら、それが一番。というわけで強引にまとめると、24mmゾナーを気に入った方なら、このズミルクスもきっと気に入ると思います。マウントは違いますが同じミラーレス仲間ということで。

(2012.04.27)

|

LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4」カテゴリの記事

« LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4(2) 使えば使うほど素敵 | トップページ | OM-D E-M5の話から日本製品のブランディングの話に飛ぶ »

コメント

ときどき拝見させていただいていますが....

僕もフルサイズを旅行に持ち出して、
その重さで、もう二度と持っていかないと
決めたのですが、ポートレイトにまで
使える小型のカメラを考えているのですが、
このレポートを見て段々とOM-Dに傾いてき
ました。

やっぱりSUMMILUX 25mm/F1.4良さそうですね。

投稿: ryusei | 2012.05.07 17:31

>ryuseiさん

コメントありがとうございました。
OM-Dはとっても良いカメラでした。
いろんなカメラの良いとこ取りで非常に不満の少ないカメラです。

投稿: セギ | 2012.05.16 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16240/54574404

この記事へのトラックバック一覧です: LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4(3) あっさりとこってり⇒こってり:

« LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4(2) 使えば使うほど素敵 | トップページ | OM-D E-M5の話から日本製品のブランディングの話に飛ぶ »