« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012.05.16

GX1を肴に内蔵ストロボに関する雑談

Gx1_25mm

オリンピックイヤーということもあって、キヤノンとニコンがこれでもかと高級機を出してきていますね。このブログはミラーレスの話だけをお届けするスタンスですが、とはいえ、ただのカメラ好きなのでフルサイズ一眼レフの話題を見かけたらすぐ飛びついてはいます。

最近ではフォトヨドバシのD800E実写レビューがなかなか興味深く。最新のニッコールレンズを一本も持ってない状態からだと軽く50万円を超える出費になってしまい容易に家庭崩壊の危機を呼び込むことになりますが、うん、なかなか興味深いカメラです。興味を持つのはタダなんだよね。買うなんて言ってないんだよね。と、誰にともなく言い訳を書いておきましょう。これがセーフティーネットというものです。

というここまでの話からはまったく想像がつかないほど別の話題がこのあと続きます。俗に言う、まさかの展開。

続きを読む "GX1を肴に内蔵ストロボに関する雑談"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
にほんブログ村 写真ブログへ

2012.05.06

OM-D E-M5の話から日本製品のブランディングの話に飛ぶ

Em5_1_2

この記事、完成したと思った直後にブラウザーが落ちて一回消えるという惨劇を乗り越えて書かれたものです。そこからロンドンオリンピック級の精神力でもう一度書き始めましたが、今度は消えた記事の面影がどこを探してもありません。

というわけで、オリンパスの“OM-D”「E-M5」というカメラを勢いで購入した、という話です。そもそも、この間マイクロフォーサーズの「DMC-GX1」を購入した私。松下のGX1を買ったのは、この「E-M5」がボディ単体で10万円越えで「あんさんそら手がでまへんわ」ということが初期の動機でした。結果、GX1は非常に良いカメラでしたし、マイクロフォーサーズ機と、特にレンズに対する評価がぐーんと高まりました。すると、どうしたことでしょう。我が家からいくつかのカメラとレンズが消えたと思ったら、代わりにこの「E-M5」が手元にあった、というミステリー。なんというミステリアスなカメラ。事件の鍵は中古カメラ店が握っています。

続きを読む "OM-D E-M5の話から日本製品のブランディングの話に飛ぶ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
にほんブログ村 写真ブログへ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »