« 『NEX-5R』の米国モデルを購入してみた その2 | トップページ | DSC-RX1への愛があふれたレビュー »

NEX-5R、NEX-6、Eマウントレンズがやっと日本発表

Selp1650

発表から何日も遅れているというのに何食わぬ顔でアップするこのブログもなかなかの面の皮の厚さですが、やっと日本で『NEX-5R』と『NEX-6』が発表されましたね。

注目のレンズはというと、新・標準キットレンズの電動ズーム『E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS』こと『SEL1650』が単品だと来年1月発売。これは海外でも同様の模様です。しかしこの電動ズームが付属するレンズキット『NEX-5RL』と『NEX-6L』は、ともに11月16日発売。レンズキットを買ってボディだけ売ろうか、なんて考えが浮かんでしまうような生殺し状態です。うーん、このレンズはちょっと持っていたいなあ。お値段は3万円ちょっと。悪くない。しかし、単品で買ったら負けな感じがするのはどうしてでしょう。きっと1月発売だからですね。

そしてもうひとつ注目していた、手振れ補正付きの35mm F1.8『SEL35F18』は、実売価格で4万円程度と結構いいお値段に。4万円。悩ましい。3万円くらいだったらすぐに飛びついていました。個人的には非常にふんぎりがつかないプライスです。

Nex5r_usb

あと、前回書いたマイクロUSBケーブルでの充電、というのは米国仕様かと思っていたら、どうやら万国共通のようでした。マイクロUSBのACアダプターとは別にバッテリーチャージャーの『BC-VW11』が同梱されてれば何も言うことはないんですが、これは別売とのこと。やぱり低価格化を推し進めていけば、こうなってしまうんですかね。

製品情報が載っているページに、右のような写真まで載せて「USBポートで快適充電」なんていう見出しまで付いて紹介されているくらいですから、これは世間的に見たらうれしいことなんでしょう。や、誤解を招くといけないのできちんと書きますが、本体で充電できるのはもちろんうれしいのです。が、バッテリーを外して充電できるバッテリーチャージャーが同梱されなくなったことを嘆いているオッサンなのです。

あまりしつこく書いていると粘着しているような気分になってくるので充電器についてはもう諦めるとして、『NEX-6』は、昨年タイの洪水で売り時を逃してしまった『NEX-7』のリベンジにあたるような製品なので、やたらと力が入っている印象ですね。

EVF内蔵機は今年前半はオリンパスの『OM-D』がベストだったなあと思うわけですが、『OM-D』と富士フイルムの『X-E1』、それと『NEX-6』はキャラクターの違いが明確なのでなかなか良いライバル関係を築きそうな気がしますね。そこにニコン『V2』は入ってくるのか、それとも『V1』と同じくらいスルーされるのか。しかしスルーするのが難しいくらい、ひょうきんなデザインの『V2』。頑張れ『V2』!頑張って安くなれ!そしたら買う!そしてパナソニックは『GX2』を投入してくるのか。これからもいろいろと楽しそうです。

(2012.11.05)

|

ミラーレス一眼の記事」カテゴリの記事

« 『NEX-5R』の米国モデルを購入してみた その2 | トップページ | DSC-RX1への愛があふれたレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16240/56013083

この記事へのトラックバック一覧です: NEX-5R、NEX-6、Eマウントレンズがやっと日本発表:

« 『NEX-5R』の米国モデルを購入してみた その2 | トップページ | DSC-RX1への愛があふれたレビュー »